毛穴の黒ずみってなんでできるの?

毛穴の黒ずみってなんでできるの?

顔の肌の悩みで一番多いのが鼻の黒ずみと言われています。なので毛穴ケア化粧品も一番売れているのが、黒ずみ解消するものです。若い時にはなかなか見られない小鼻の黒ずみですが、年齢を重ねる事で多くできる、またはできやすくなるのは何故なのでしょう。

 

 

黒ずみは毛穴の皮脂が角栓となりできる塊が毛穴に詰まってできるものです。はじめは皮脂が元になっているので黒くありませんが、皮脂は空気に触れると酸化します。それが黒ずんでブツブツになります。

 

 

たとえでイチゴ鼻なんて言われて嫌な思いをした事ありませんか。年齢が高くなるにつれて、特に30代を超えると急に増えてくる理由は皮膚の乾燥です。どうしても年齢が高くなるにつれて油分が少なくなるので乾燥します。

 

 

乾燥すると肌は「油が足らない」と思って皮脂をたくさん出そうとするのです。たくさん出てきた皮脂は角栓になり黒ずみが増えやすくなるのです。

 

 

なので若い時から毛穴ケアをすれば毛穴に黒ずみをできにくくなります。なるべく毎日気を付けて毛穴ケアをしていけば、すでに黒ずみができている人でも毛穴ケア次第できれいになる事ができます。